top of page
  • yakustudio2020

遠藤周作文学館を訪問しました。

2023年10月21日

大浦天主堂キリシタン博物館の特別展が終了。展示撤去の翌日に長崎市の北に足を運び、東出津にある遠藤周作文学館を訪れました。文学館の窓からは海原の向こうに五島列島がくっきりと見えました。

小説「沈黙」の背景となった隠れキリシタンの史跡なども訪れ、小説の主人公のモデルとなったキアラとシドッティの不思議なつながりを思う時間でした。

キアラはシドッティが切支丹屋敷に運ばれる24年前に屋敷内で亡くなっていますが、長助、はるの夫婦はこの2人の神父の身の回りの世話をしました。2014年、没後ちょうど300年に、シドッティを挟むように遺骨が発見された夫婦の数奇な運命にも心を動かされるものがあります。




bottom of page